書類審査を通過したい!証明写真をよく見せるコツは?

この記事の所要時間: 336

syoumeisyasin

就職や転職などで使う履歴書や
免許証、パスポートなどに貼る
証明写真、なぜか普段よりも
無愛想に見えたりしませんか。

なぜ普通にスマホで写メを
取ったりするときは、柔らかい
表情ができるのに、証明写真を
撮る時はなんだか強張った
しまうんでしょうか。

できたらもっと柔らかい
表情をしたり、第一印象が
良くなるような表情で映る方法が
あったら知りたいですよね。

実は証明写真を撮るにはコツが
あったんです。

そのコツとは…、

証明写真をよく見せるコツは?

証明写真をよく見せるには
3つのコツがあったんです。

このコツをマスターするだけで
途端に表情が柔らかくなり、
男性、女性問わず第一印象が
アップするんです。

では早速3つのコツをご紹介します。

1つ目のコツは、「少しアゴを引いて座る」です。

えっ?そんなのでいいの?って思いますよね。

しかし、ちょっとアゴを引くだけでも
大分印象が変わって見えるんです。

もしこれから証明写真を
撮るのであれば、座った時に
ぜひアゴを引いてみてください。

目の前の鏡に映る自分の顔の
印象は変わっていませんか。

これから証明写真を撮るのであれば
ぜひ試してみてください。

2つ目のコツは「口角を上げる」です。

口角を上げるとは言うものの、
一体どうしたらいいのでしょうか。

やり方は簡単です。

シャッターを切るまでに
「ウィー」と言いながら、
カウントダウンが終わる直前に
口を閉じるんです。

そうすると自然に口角が
上がった表情を作ることが出来るんです。

このコツで柔らかな表情を作ることが
できれば、第一印象をガラリと変えることが
可能になるんです。

もし、柔らかい印象の証明写真を
撮ることができたらどうでしょうか。

履歴書に貼って提出した時に
周りは強張った表情の写真、
その中にアナタの柔らかい表情の
写真があったとしたら…。

その写真を見る人事の担当者の
印象もそれだけで大きく変わるのでは
ないでしょうか。

そして3つ目のコツは
「明るい服を着る、小物を持つ」ということです。

証明写真を撮る機会には、
プロのカメラマンや写真館にあるような
レフ板と呼ばれる光を当てるような
ボードをありません。

そこで、自分の服を白っぽい服や
白いハンカチなどをひざ上に置くなどして
レフ板の代わりを使うことで顔を
明るく映すようにしましょう。

これだけで顔立ちが明るくなって
見た目の印象もアップすると思います。

いかがでしょうか。

証明写真を写真館で撮らないのであれば
この3つのコツを意識して撮ってみては
いかがでしょうか。

実際にこれだけでもかなり印象の
変わった自分の顔になるのではと
思います。

もし、見た目の印象がよくなった
証明写真で、自分の第一希望の
会社に入れたら、どうでしょうか。

あるいは免許証やパスポートなどで
自分の明るい表情をした証明写真を
貼ることができたらいろいろな場面で
提出するのが恥ずかしくないですよね。

ぜひこれから証明写真を撮る機会が
できたら今回ご紹介した3のコツを
使って明るい表情をした証明写真を
手に入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする