卒業旅行は国内がおススメの理由とは?場所選びのコツは?持ち物は?

この記事の所要時間: 444

卒業旅行は、海外だと現地の言葉は
準備が大変で国内のほうがイイという人も
いますよね。

海外も魅力的だけど、国内旅行も魅力的、
そんなアナタに国内旅行のおススメをご紹介します。

卒業旅行は国内がおススメな理由とは

卒業旅行で国内がおススメな理由は3つあります。

1つ目は、日本語が通じて安心ということです。

当たり前のことですが、
言葉が通じないと結構不便です。

特に海外旅行で格安で行く場合、
ツアーガイドはあまり至れり尽くせりでは
対応してくれません。

必要最小限のサポートですし、
友だちとの時間を楽しもうとすると
語学力がないとかなり苦労することになります。

その点、国内ならせいぜい方言ぐらいです。
テレビなどのおかげで、自分たちの言葉が通じます。

見落としがちですが、海外よりも
旅行を満喫できるポイントだと思います。

2つ目は、治安がいいということ。

これも言わずもがなですね。

夜、手ぶらで外出しても安心で、
どこへ行くにも市街地であれば
明るくて歩けるというのは、
日本を置いて他にありません。

アメリカのスラム街近くに行ったことがありますが、
夜はホントに真っ暗で人が近づいてきても
目の前まで来ないと怖いぐらいです。

また有名な場所でテレビでも
レポートされているようなところでも
日本人をカモにするような人たちというのは
少なからずあって犯罪が日本より身近にあります。

特に今は、世界的にも危機管理下にある
国が多いので、日本以外に行くのはある程度
危機管理について敏感になりながらの行動が
求められることが必要になってくるんです。

3つ目は、何と言ってもサービスは世界一ということ。

東京オリンピックが決まった時に滝川クリステルさんが
スピーチして一躍有名になった「お・も・て・な・し」

これは他の国では、あまり体験できません。

それぞれの国の価値観でサービスが提供されていて、
快適なサービスを受けるには相応の対価で
報いる必要があるからです。

ちょっとした心遣いは海外では期待できないので、
気遣い、心遣いのあるサービスを受けたい場合は、
日本はとってもいい国ではないでしょうか。

それではそんな日本でどこへ行ったらいいのでしょうか。

場所選びのコツとは

国内旅行に決まった。

では、場所を選ぶ時のコツは?って思いますよね。

社会人だからこそ、
卒業旅行に行くならこんなところって
思う場所があります。

それは、

「離島」です。

なぜ離島なのか。
それは、社会人になってからだと
旅行に行くのに無視できないのは
仕事に穴を空けないこと。

仕事の関係で、あまり交通の便が良くない場所って
選びづらいんですよね。

決まった日数しか休めない、
その間行ける場所で選ぶ場合、
予算もそうですが、いかに現地で
過ごす日数を確保するかだったりします。

そうすると、移動で半日以上かかるような
場所はかなり前から計画しておかないと
行きづらいのです。

離島のような場所は、学生だからこそ
行ける場所だと思います。

また格安で旅行したいと思っている人にも
おススメです。

というのは、都市部だとどうしても誘惑が
多くて格安で行っても、食事やおみやげ
遊興費などで知らず知らずに使ってしまうもの。

ですが、離島の場合は、そもそもそういう場所が
ほとんどありません。

物価が高くても、恐らく都市部に行くより
使う機会が少ないのではと思います。

そうなると、社会人になってから
行き機会が減ってしまう、「離島」という
選択肢はアリではないでしょうか。

おススメの持ち物とは

さて、目的地が決まったら、いよいよ
卒業旅行の準備です。

離島に行くにしろ、別の場所に行くにしろ
必ず持っていくのをおススメしたい持ち物は、
カメラとトラベラーズノートです。

意外と観光地に行くだけだと
年数経つと徐々に記憶が曖昧になって
他の旅行で体験したことと混同しがちです。

そういう時にカメラで写真を撮ったり、
トラベラーズノートに現地でもらった資料や
ガイドなんかをスクラップしておくと
後になって意外と重宝します。

トラベラーズノートは、専用ノートでなくても
大丈夫です。

個人的にはA6ノートで代用しています。

ポケットに入れたり、カバンに入れておいて
サッと出してスタンプしたり、資料やガイドを
閉じておくと、後になってそのノートを見返すと
驚くほど記憶が蘇ってきます。

私は学生の頃はそういう習慣がなかったので、
今、トラベラーズノートを作るようになって
余計にそう思います。

誰が見るわけでもないので、
ホントに自由に資料を貼ったり、
書き込めば立派な旅行日記が完成しますよ。

ご興味があったら是非試してみてください。

まとめ

卒業旅行に行くなら、国内旅行がおススメです。

海外に比べて圧倒的に行動範囲が広がって
自由に行動できるからです。

学生時代にしか行けない場所を
卒業旅行に選んでみてくださいね。

そして可能であれば、それを記録しておくこと。

友だちとの思い出も、ずっと取っておけますよ。

それでは楽しい思い出を作って、
新しいスタートを切ってみてはいかがでしょうか。